会社概要

株式会社野田商店 代表取締役社長 野田智也 ご挨拶
本年弊社は、昭和24年の創業より70年目を迎えました。
長きにわたりご愛顧いただいております得意先様、取引先様、またご支援・ご協力をいただいております関係者の皆様方へ、改めて心より感謝を申し上げます。
ありがとうございます。

弊社のルーツは、創業者である私の祖父が乾物屋に丁稚奉公していたことが始まりです。
戦後の高度成長期を経て、時代の発展とともに食習慣も大きく変化するなか、業務用を中心とする食品を取扱う総合食品卸売業として、昭和・平成の時代を駆け抜けてまいりました。

そして令和の時代。今後とも科学技術の発展により、ライフスタイルはなお一層多様化していくことと思われます。今求められている食のキーワードは「時短・即食」と言われていますが、同時に健康長寿社会への意識が高まっている現在、便利さや簡便化だけではない、心の豊かさや心身の健康につながる「食」・「サービス」をいかに提供できるかが、これからの時代、弊社にとっての使命だと感じております。

70年の歴史で培った経験を活かしながら、今後とも皆様方の健康で楽しい食生活を応援し、元気あふれる社会づくりに貢献していきたいと考えております。

令和元年 8月
株式会社野田商店 代表取締役社長 野田智也

概要

商号 株式会社 野田商店
本社所在地 〒642-0034
和歌山県海南市藤白189-1
電話 073-482-3423
FAX 073-482-1144
Email info@maru3-noda.jp
Google マップ
代表取締役 野田 智也
資本金 1000万円
創業 昭和24年
会社設立 昭和52年
業務内容 食品卸売業
取扱商品 乾物・飲料・業務用食材・進物など
主な仕入れ先 加藤産業、国分、日本アクセス、三井食品、 大物、大乾 ほか
各食品・飲料メーカー
主な販売先 企業売店、一般食品小売店、病院、施設、学校等の給食業者、飲食店など

沿革

昭和24年 創業者 野田勝己が海南市日方の地で食品の卸売業を創業
昭和52年 資本金1000万円で「株式会社野田商店」設立
昭和59年 野田晴久、代表取締役社長に就任
平成22年 野田智也、専務取締役に就任
令和元年 野田智也、代表取締役社長に就任
野田晴久、取締役会長に就任

創業者 野田勝己

創業者 野田勝己(前列中央)

株式会社野田商店 経営理念。楽しい食生活をプロデュースし私たちが世の中の元気の源になる!

株式会社野田商店 使命。元気のない、暗いニュースが多く、何かと閉塞した現在のストレス社会に対して楽しい、わくわくする、元気がわいてくるような「食」に関する商品・情報の提供、空間や雰囲気作り、独自のエンターテイメントを世間にお届けすることが私たちの氏名です。それらの行動を通して、自らが世の中の元気の源になりましょう。やはり「食」は元気の源だ!!

SDGsの取り組み

SDGsとは?
2015年9月の国連サミットで「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。そのアジェンダに記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標が、SDGs(エスディージーズ)です。

「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals:SDGs)

持続可能な世界を実現するための17のゴールと、169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。
株式会社野田商店はSDGsの考えに賛同し、私たちにできる5つのゴールを目指して取り組んでいます。

SDGs

(株)野田商店・3時のかんぶつ屋さん SDGsの目標

「一人でも多くの野田商店ファンを・・・」 を合言葉に、社員一同力を合わせて頑張っております。

お客様・仕入先・弊社の「和」が、やがて大きな「輪」となって、強く結び付いていければと願っております。

<創業者の残した言葉>

企業は人なり 人の和なり 不況に負けず 力を合わせて努力しよう